千葉で遺品整理を依頼するときに知っておきたいゴミの捨て方について

千葉での遺品整理では、依頼の前にゴミの分別に注意

遺品整理では、家の中のものはほとんどが不用品として処分されることになります。そのため、その自治体のゴミの扱いや分別についてしっかりと把握しておくことが重要です。千葉県で遺品整理を業者にお願いする際には、不燃ゴミや粗大ごみなど処理にコストのかかるものに注意が必要となってきます。依頼する業者によっては県外から来てもらうことになり、千葉県のルールを知らないということもありますので、それらについて見ていきましょう。
まず、ゴミ袋に入らないものは粗大ごみ扱いとなりますので、これらを出したい時にはあらかじめインターネットか電話で粗大ごみ受付センターに予約を取り、回収に来てもらうというのが正しい捨て方です。予約がとれたら、指定の収集所に当日の朝8時までに出しておきます。またその際に、大きさに応じた処理手数料納付券を貼っておかないと、回収してもらえません。自分で搬入することもできますが、千葉のゴミ処理センターには自己搬入の人が多く、かなり混雑しますので、大きくないものであれば回収を頼む方がスムーズに処理できるでしょう。こういったことを遺品整理業者に伝えておくのがおすすめです。

遺品整理では大量の家庭ごみが出るため、捨て方に注意が必要

一人暮らしの高齢者などが急に亡くなった場合、日常生活で出るゴミや身の回りの片付けができていないことも多いものです。そのため、家具や家電などの粗大ごみはもちろんのこと、いわゆる家庭ごみを大量に処理しなくてはならないケースが多々あります。
千葉県では家庭ゴミの捨て方にも厳格なルールがあり、例えばペットボトルは必ずフィルムを剥がさなくてはなりません。逆に、他の自治体であれば不燃物になるプラスチックは可燃ごみとして出して構いませんが、一部に金属の使われているようなものは不燃に分類されます。具体的な分別の品目については、千葉県の清掃局のホームページにあるゴミ分別辞典を参照するととても有効です。
すべてを業者に任せてしまうのももちろん選択肢のひとつですが、費用を安くするためには、あらかじめ自分である程度ゴミの分別や処理をしておくのが良いでしょう。遺品整理にかかる時間も短くて済み、結果的にコストを大きく下げることができます。

まとめ

身近な人が亡くなることで発生する遺品整理は、事前に準備ができていないことも多く、慌ててしまいがちです。特に、千葉県に自身が在住していない場合には、ゴミの出し方などについてあまり知らないこともあるでしょう。故人の大切な思い出の品などは取っておくとしても、ほとんどのものはゴミとして処理しなくてはならないため、事前にしっかりと分別などについて知っておき、遺品整理業者と相談のうえ、適切な処置をとるのがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です