海外の病児保育求人事情

病気にかかっている子供の保育や看護を行う病児保育は、
日本国内では特別な資格は必要ありません。
日本では病院内に病児保育施設があり、医師や看護師が常に常駐しています。
病児保育の求人資格には、保育士・幼稚園教諭・看護師等がありますが、
資格がなくても子育て経験があれば採用されることもあります。
アメリカではベビーシッターが保育の役割を担っているため、
子供が病気になったくらいでいちいち慌てることはありません。
また、アメリカでは家族の看護休暇が法律で認められているので、
子供の病気より仕事を優先させるという考えは基本ありません。
アメリカ人の教育方針は、自立させることです。
自立させるために学ばせているに過ぎません。
日本ではベビーシッターの求人は多くはありませんが、
アメリカでは手軽なアルバイトとしても行われています。
しかし、アメリカは訴訟対抗であるので、資格が不要でも問題が生じれば当然訴えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です