月別アーカイブ: 2016年5月

アメリカの塾の看板が直球すぎる・・・

アメリカ人の教育方針に関して興味を持っている人は、決して珍しくありませんが、
学習塾の看板の内容に注目をすることがとてもおすすめです。
最近では、有名な看板の特徴に関して、ネット上で度々ピックアップされるようになっており、
日ごろから役に立つ情報源を見つけることが求められます。
一般的に、ビジネスに活用できる看板の見極め方については、
多くの社会人にとって重要な関心ごとのひとつとして取り上げられることがあり、
なるべく信頼のできる媒体を使いこなすことがポイントとなります。
そして、まずは複数の情報サイトを使いこなすことによって、
多忙な生活を過ごしている人にとっても、便利な情報を得ることが出来るとといわれています。

レンタルオフィスで登記可能というものはあるかなぁ

日本では入社した会社に一生、勤めることが基本です。
しかしアメリカ人の教育方針は「一つの会社に固執せずに自由な働き方が良い」と言われています。
グローバル化が推進されるなか、今後は日本も自由は働き方が増えるかもしれません。
では自分で事業を起こすときに何が必要か?意外と忘れがちなのが本社住所です。
独立当初は自宅を記載する方も多いと思います。
その住所を名刺、またはWEBに公開できますか?
女性の場合やご家族がいる場合は、躊躇する方もいるのではないでしょうか?
そんな住所公開に抵抗ある方におすすめなのは、レンタルオフィスを借りることです。
レンタルオフィスで登記可能物件も増えています。
オフィスがあるか否かで仕事の信頼も断然あがります。
独立当初は登記可能なレンタルオフィスで、
経営が軌道にのったらオフィスに移るのもいいのではないでしょうか?

海外の病児保育求人事情

病気にかかっている子供の保育や看護を行う病児保育は、
日本国内では特別な資格は必要ありません。
日本では病院内に病児保育施設があり、医師や看護師が常に常駐しています。
病児保育の求人資格には、保育士・幼稚園教諭・看護師等がありますが、
資格がなくても子育て経験があれば採用されることもあります。
アメリカではベビーシッターが保育の役割を担っているため、
子供が病気になったくらいでいちいち慌てることはありません。
また、アメリカでは家族の看護休暇が法律で認められているので、
子供の病気より仕事を優先させるという考えは基本ありません。
アメリカ人の教育方針は、自立させることです。
自立させるために学ばせているに過ぎません。
日本ではベビーシッターの求人は多くはありませんが、
アメリカでは手軽なアルバイトとしても行われています。
しかし、アメリカは訴訟対抗であるので、資格が不要でも問題が生じれば当然訴えられます。